世界遺産を歩いて楽しむ首里城

沖縄の観光で定番なのは世界遺産にも登録されている首里城だと思います。青い空に映える赤い首里城は外から見ても楽しめますが、一番は、守礼門から順番に石畳や階段をのぼり、振り返って見える那覇の街並みの景色と景色の先に見える青い海が何とも言えない絶景を作り出します。

首里城には、レンタカーで行くことが多いと思いますが、首里城周辺の街並みも楽しみたいのなら、ゆいレールを使うことをお勧めします。首里城の最寄りは、ゆいレールの儀保駅と首里駅ですが、往路は首里城から、復路は儀保駅へ抜ける道を通ると、首里周辺の町並みを感じながら、ひと味違った観光ができます。

往路の首里駅から鳥堀交差点を首里城方面に進むと、石畳の道路が続き、左右の道路沿いには、特徴のある琉球瓦の街並みが広がってきます。首里城に近づくにつれて、景観を損ねないように、コンビニの看板もモノクロだったり、沖縄そば屋さんや、琉球料理のお店やお土産屋さんなどが軒を連ねているので、他の観光地とは違った情景を味わうことが出来ます。

また、それぞれの店舗をのぞいてみるだけで、一味違った首里城観光の醍醐味を味わうことが出来るのも特徴です。お勧めなのは、「あしびうなー」という琉球料理のお店です。ここでは、琉球庭園を眺めながら、ゆっくりと時間と南国の風情を楽しむことができ、琉球王国時代の情景を感じることができると思います。

もう一つは、ビーンズという、豆腐をメインにしたお店です。ここは、地元の方も通うおいしいお豆腐(島豆腐)を出すお店で、豆腐が売り切れ次第、ランチが終了するので早めに行かれたほうが良いお店です。

この「あしびうなー」の店の前を抜けて首里城に行くと目の前に石垣が出てきて、首里城を目の前に臨むことができます。守礼門から順番に一番上まで上がると、那覇市内を一望できる景観が広がります。

沖縄は東西がみじかいので、首里城からは太平洋と東シナ海両方を眺めることができる展望台もあります。また、首里城にはいくつかパワースポットと呼ばれる御嶽(お祈りをする場所)が点在しており、それを回るだけで、気分が晴れやかになること間違いなしだと思います。拝観料を払い、拝殿にも入ることができますので、琉球王国の歴史や当時を知る出土品などを観て、過去の琉球王国の繁栄に思いをはせるのも楽しいと思います。

復路には、ぜひ、儀保駅を目指すことをお勧めします。途中の龍譚池のそばには、おいしいパン屋さんや、ちょっとしたイタリアンレストランなど、喧騒から離れて、ゆっくりと時間を過ごすことのできるスポットが点在しているので、のぞいてみると観光地以上の楽しみ方ができると思います。

あまり知られていませんが、首里城のふもとにある龍譚池から眺める首里城は、絶景スポットの一つです。池のほとりから眺める首里城は、赤の琉球瓦が青空に映え、天空に伸びる建物と色のコントラストが楽しめるポイントです。