お勧めしたい那覇市内の沖縄そばのお店

沖縄といえば、真っ先に浮かぶのが、沖縄そばのお店です。沖縄そばというとヘルシーで、飽きがこない味なので、何度食べてもおいしく感じられることも特徴です。人によっては、ガイドブックで事前に調べて那覇市内ではなく恩納村や読谷村の沖縄そばのお店に行かれる方も多いと思いますが、那覇市内にもお勧めしたいおいしい沖縄そばのお店がいくつかあります。

沖縄でそばというと、ソーキそば、沖縄そば、てびちそばや、三枚肉そばなどをはじめアーサが入ったものなどそれぞれのお店に特徴のあるそばを出してくれるお店がいろいろあります。その中でもお勧めしたいお店は、那覇市の天久にある「うかじそば」です。このお店はもともと、那覇市の隣の浦添市にありましたが、移転して那覇に開店したお店です。

ここの特徴は、昆布だしをベースにした「うかじそば」が有名ですが、お勧めしたいのが沖縄そばのつけ麺と、トンコツラーメン風のこくトンコツです。沖縄そばには、合わないような味付けだと思いますが、一度食べると癖になる、お勧めしたいそば屋さんです。店の前にの駐車場がありますが、お昼時になると駐車場が埋まってしまうので、早めに行かれることをお勧めします。

もう一つのお店が、ゆいレールの安里駅前にある「なかむらそば」です。ここは、屋台のような作りで、24時間営業しているのが特徴です。飲んだ後や、朝ご飯を食べ忘れた時などにおいしい沖縄そばを食べれるお店です。ここは、4名ほど座れるカウンター席と屋台風の席があるので、少し待てば混んでいる時でもおいしい沖縄そばに出会えます。

そしてもう一つお勧めしたいお店は、農連市場の入り口にあるソーキそば専門店の「いなか」です。ここは、チェーン店ですが、地元の人が通うお店で何といっても魅力なのは500円でおつりがくることです。

昼時になると農連市場の方や近くに住んでいる方で満席になることもありますが、沖縄の本来の情景を感じながら沖縄そばを食べたい方には雄薄めのお店です。

たまにお店の外にテーブルを出して食べれることもあるので、道行く人の視線を感じても大丈夫な方や、地元の人とのコミュニケーションをとりたい方には良い雰囲気のお見せだと思います。

最後に紹介したいのは、「あきそば」というお店で、このお店はロワジールホテル近くの西町「りうぼう」そのそばにあります。倉庫のむかえにあるお店で、パッと見は居酒屋さんのようですが、おいしい沖縄そばが食べられる地元では知られた名店です。

ここは、オーソドックスな沖縄そばをだすお店ですが、沖縄そば以外にも、てびちなどが置いてあり、沖縄の伝統的な料理も食べたい方にもお勧めしたいお店の一つです。

お昼時には地元の方がたくさん訪れ、沖縄の方言を話していますが、そんな中で、おいしい沖縄そばを食べるのも面白い観光かもしれません。

車を使わず、ゆいレールや散歩して観光客が全くいない沖縄そば屋さんや地元の人が通うおいしいお店を食べ歩くのも面白い楽しみ方だと思います。

ガイドブックに載っていない沖縄そば屋さんを探しながら、那覇市内を探索するのもこれまでとは違った観光が楽しむコツの一つだと思います。