沖縄といえば、ステーキ。ぜひ立ち寄りたいステーキ屋さん

沖縄といえば、沖縄そばや海ぶどう、それに泡盛などお土産や有名な地元の食べ物が多いことで知られていますが、観光客や本土の方に驚かれるのは、飲んだ後「ステーキ」を食べる人が多いことです。

試しに飲んだ後に食べてみると、締めのラーメンのように癖になります。もともと豚肉料理を始め、食肉の食べ方は、日本の中で最も洗練されているといっても良い地域です。

沖縄は、戦後米国統治下にあったこともありますが、チェーン店のステーキ屋さんもたくさんあります。人によって好みは分かれると思いますが、「ステーキハウス88」「サムズ」「HANS」など国際通りだけではなく市街地にも乱立するほど、ステーキをこよなく愛しています。

なぜ沖縄でこれほどステーキが食べられるのかには、いろいろな説がありますが、豚肉の例をとれば、ちらがー(顔の肉)、ミミガー(耳の肉の和え物)、てびち(豚足)、中身汁(内臓)などでもわかるように肉に関しては、最も食べ方を知っている地域性が土壌にあります。また、沖縄はチキンを多く食べる土地柄でもあり、消費量が日本でも一二を争うほどといわれています。

そんな中にあって、1953年に創業した、「ジャッキー」は観光客だけでなく、地元の方からも愛されるお店です。このお店は、アメリカンステーキを出すお店で、ニューヨークステーキやTボーンステーキやサーロインをはじめ、お肉の味を純粋に楽しむことができるお店です。

一般的にステーキには、ステーキソースやガーリックなどがはじめからかかっていることが多いですが、沖縄には、専用のステーキソースやA1ソースと呼ばれるソースを後から、自分の好みに合わせてかけるのが沖縄の特徴です。

ジャッキーでは、サラダとスープ、ライスがセットでついてきますが、スープがすごくクリーミーでこくがあり、一度のみと病みつきになる味です。このお店は、雰囲気も良く、古くからのメニューが壁に掲げられているので、今みると少し面白いメニューが載っていたりするので、ステーキが焼きあがるまでの時間を退屈して過ごすことはありません。

次に紹介したいのが、少し値段は張りますが、久茂地にある「さわふじ」をお勧めします。鉄板料理のお店ですが、注文すると石垣牛のステーキなど、をはじめ、肉質がよく脂がのったステーキを提供してくれるお店です、個室もあり、お忍びや接待などでも利用できますので、大切なひととのひと時に楽しい時間とおいしいお肉を食べたいのならこの店を訪れてみると良いでしょう。

ワインを飲まれる方には、「MATEKI」をお勧めします。お肉の味もさることながら、ワインとの相性はばっちりで、まさにマリアージュしている料理といえます。

炭火でじっくり焼いたステーキを食べたい方は、「チャコオキナワ」に行ってみてはいかがでしょう。1970年代から開店しているお店で、那覇市内でも老舗のステーキ屋さんのひとつです。店内は西部のようなイメージでゆったりとお肉を味わうには最適なお店です。

ステーキ一つとっても那覇には、食べ方や誰と食べるかによってお店をチョイスする楽しみがあるので、食べ比べてみて、自分に合ったお店を探してみるのも面白いかもしれません。