海の上を走る、海中道路を通り伊計島へ

本島には、いろいろなビーチや絶景ポイントが数多くありますが、その中でもお勧めの一つが、伊計島です。

伊計島には、沖縄北インターをおり、うるま市方面に向かいます。沖縄の高速は、それほど距離がないことと、本島が東西で距離が短いので、太平洋側と大西洋側へ横断するのに、それほど時間がかかりません。

伊計島には、このうるま市から、海中道路と呼ばれる、伊計島に続く道路を移動します。両サイドが海に囲まれ、海中に片道2車線の道がまっすぐ、伊計島まで伸びています。

干潮、満潮により、海中道路から見る景観はことなり、干潮時には、400から500メートルほど遠浅な大陸棚が出現し、地元の方が、シャコガイなどを拾っている姿をよく見かけます。

絶景ポイントの一つが、伊計島にわたる海中道路のサービスエリア手前の景色です。安全地帯に車を止め、そこから、海岸におりることもできますので、絶好の撮影スポットでもあります。

海中道路を渡り、少し行くと、右手に浜比嘉等が見えてきます。伊計島に行くには直進をしますが、時間のある方は、是非、浜比嘉島に立ち寄ることをお勧めします。

浜比嘉島にも橋が架かっていますが、そこから見える海中道路もかなりの絶景スポットですので、押さえておいたほうが良いと思います。平安座島、宮城島と続き、伊計島に向かうのですが、途中の宮城島に最近できた「かき氷専門店 瑠庵+島色」にいかれることをお勧めします。

シロップに限定の商品があったり、黒糖やマンゴーを使ったりしていて、店内の雰囲気も良く、まさに南国を感じることができます。このお店で少し休憩をし、道を進むと伊計島が現れます。

途中、沖縄特有のお墓がいきなり現れたり、サトウキビ畑が一面に広がったりして、沖縄の田舎の情景が満載です。しばらく道なりに進むと、橋が見えてきます。

トンネルをはいりすぐの橋の先からわずかに見える景色があるのですが、右手の駐車場に車を止めて、下に降りることもできますので、体力に自信がある方には、一度ためしてほしいポイントです。

ここから、道なりに少し進むと、左手に伊計ビーチが見えてきます。ここビーチは、駐車場がすぐにいっぱいになってしまうので、早めに行かれることをお勧めします。

ご自分でシュノーケリングセットとライフジャケットを持っていけば、ビーチへの入場料だけで、一日中楽しむことができます。ビーチでは、大人の肩くらいの水深ですが、透明度も高く、シュノーケリングで十分、海中の魚の観察ができるので、こども連れのファミリーにお勧めしたいポイントです。

また、ビーチでは、お勧めの便利グッズがありますので、行かれる方は是非購入をお勧めします。ワンタッチでできるテントを持っていくと非常に沖縄のビーチでは重宝します。たたむと手提げバッグ程度になるので、邪魔にならないし、車のトランクに常備しておけばいつでも楽しむことができます。

思っている以上に沖縄の太陽は、痛いので、日焼け止めやラッシュガードを着るだけではなく、このような木陰を作れるテントを持っていくことがさらに上の楽しみをビーチで過ごすコツです。